不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県
Question

不登校の息子に障害という兄弟

Q-No.010499
2016/12/18 12:56
アイコン
不登校の息子について「アイツ、なに考えているか分からない。障害だろ。学校に行かないこと自体おかしい」と言う兄。「勝手にきめつけて言うのはいけない。家族だからこそ、困っていたり、不安なとき助けるものでしょう。」と私が言っても、その子を嫌いと言う。兄弟ってケンカするのが当たり前と思っているが、話の内容がきつすぎる。実はよく父親が不登校の息子を同じように表現するのである。時には私にも障害と言うことがある。口癖?
父親には我が子を蔑視する発言はおかしいと何度も伝えた。親としては助けようって。
兄弟が不登校の子に対して必ずしも理解をしてくれるとは限らない。子供はそれぞれ色々な思いをしているのだろうけど、一方たてれば一方たたず・・・仕方がないのだろうが、苦しくて投稿している。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.026407
2016/12/21 17:00
アイコン
ぷにさんの投稿、皆さんの意見読ませていただいて色々考えていました。
家族だからこそ色々な想いがあって当然なんですよね。
ややもすると本人の事ばかりで頭が一杯になってしまいがちですが、本人だけではなく家族一人一人に寄り添って行く事が大切なのだなときずかされました。
ぷにさんは苦しい中でもいつも真摯に改善策を探そうとしている、私も見習わなければと思いました。
我が家は、今は主人は息子に何も言いません。心療内科の医師に、父親からの負担になる言動は避けるように言われているのもあるとおもいます。
弟は兄について何も言いません。関わりもしませんが。だから尚更気にかかり声もかけてはいますが、複雑な思いはあると思います。
こんな状況がよいとは思えませんけどね。

ぷにさんの次男くん、強いと思いますよ。お父さん、お兄さんの心無い言葉にも踏ん張っているんですから。そうやって少しずつ強くなっていってくれるのだと思います。

参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 はるさんは今頃どうしているんだろう?がんばっているかなあ?こんなことを思うようになりました。色々な出来事がありながらもこのサイトで出会った人に妙な情みたいなものを抱くようになりました。
次男はあれから立ち直り、父とも兄とも同じ部屋で過ごすこともできるようになりました。毒をはいた二人もそのあとは落ち着いたのもあるでしょう。また、スイッチが入るかもしれませんが、皆さんの助言で優しくするよう努力したら、ちょっと変わっていきました。なんか強くなってるなという実感があります。はるさんのご主人は医師の言うことをきちんと聞いてすばらしいです。私のうちは医師の助言を伝えたとき聞く耳持たずでしたから。でも、息子も夫もちょっとずつ変わってきたかもしれません。苦しいけど、その中でなにかを学んだんですね。息子はまだ登校はできていませんが、課題に少し取り組むようになりました。時々ですけど、朝の時間帯に起きることもあります。焦らず、息子がリラックスできる空間を作れるよう、これからも頑張ります。苦しいときは「時間が解決してくれる」と思うようにします。このサイトの仲間の存在を心の支えにして。これからもよろしくお願いします。



回答一覧
A-No.026396
2016/12/20 20:34
アイコン
まずはぷにさん、お疲れ様です。板挟み、苦しいですよね。

うちは三人兄弟で、長男が三年ほど前不登校でしたが、当時私自身ですら完全には納得しきれてない長男の行動を夫や弟たちに理解してくれ…と説得するのは疲れましたし、辛かったです。ほんとに。

とりあえず夫にはカウンセラー、医者、不登校児の父親の集まり等、理解のある「男性」の意見をたくさん聞いてもらいました。悔しいけど、妻や女性相手よりは聞く耳持ってくれると思いましたので。

弟たちには、とにかく愚痴を聞きまくりました。長男のことが原因の不安、イライラ、嫌な思い、いろいろありました。具体的に書くと長くなりますので割愛しますが、とにかく子どもなりにいろいろ考えたり、煮詰まってましたね。

正論を押し付けないように、次男たちの気持ちを優先し、かつ長男への非難には同調しないように…と非常に難しいカウンセラーのアドバイス(ホントに難しい!)を意識して、次男たちの意見をたくさん聞いたり、長男が不登校になったことで、次男たちにもメリットになったこと(親が頭ごなしに怒らず、まずは子どもの話を最後まで聴くようになった!)など話したり。

何回もそんな話してるうちに、自分の立場や気持ちを理解してくれる人が少ないって点では、不登校児の父親も兄弟もも不登校本人と同じなのかな~と思いました。
気軽に外で愚痴ることもできませんものね。

「うち、兄貴が不登校で家のなかが辛い~」
「あー!わかるわかる、うちは妹~。本人が一番辛いのはわかるけど、でも、俺らもつらいよな~」
なんて、外で吐き出せたらよいのですけどね。

只でさえ自分のことだけでもいっぱいいっぱいな思春期です、そんなキツイ言葉を吐き出してしまうほど煮詰まってるのかな…と少し心配になりました。
ぷにさんの上の息子さんが抵抗なさそうなら、カウセリングいってもよいのかもしれません。不登校を理解しろというスタンスでなく、上の息子さん本人のモヤモヤ解消と言うスタンスで。

と、偉そうにいってますが、私もまだまだで、きちんと家族全員をケアできてないです。
でも、とりあえず今は次男たちとは軽く愚痴をこぼし合うほどにはなりました。また、私を気遣ってくれるときもあり、非常に嬉しい反面、早く大人にさせすぎたかな~とも思ってます。

ぷにさんなりにいろいろされていると思いますので、今さらな意見かとは思いましたが、同じような立場の母親がここにもいますよ~と声あげてみました。

投稿何回か失敗してしまいました、すみません
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 あささきさん、おはようございます。メッセージありがとうございました。
ご主人が色々な会に出て、理解しようとしたこと、すばらしいですね。うちの場合は不登校についてはある程度知識はあるはずなんですが。知識と考えることは別のようです。我が子がそうなっても理解には時間がかかるようです。少しずつ少しずつ、目の前の息子から学んでいっているのでしょう。
不登校の当人ばかり目がいきがちですが、本当はまわりの家族も同じだけ、不安定なんだと思います。皆さんの投稿から気づかされました。私自身が心が乱れて、エネルギーがなくなっていたので、気配りの余裕がありませんでした。このサイトでエネルギーをもらい、一人一人に声をかけていくようにしていたら、家庭が少し穏やかになってきています。波はありますが。
長男にも優しくしたら、すぐ効果がありました。これからも頑張りますね。



回答一覧
A-No.026390
2016/12/20 07:19
アイコン
ぷにさんへ

投稿拝見しました

兄弟の間や父親の狭間で母親は大変ですよね

子供は、ストレートに気持ちをぶっけます

我が家は上の子が下の登校拒否する子を

殴ったりしてました

でも学校に行ってる子も親に認めてもらいたいのです

父親も自分の存在を認めてもらいたいから

強く子供に当たるのです

母親は客観的に家族を見る接したりする事

が大事だと私は、気づかされました

うまい具合に母親が考えて

お兄ちゃんと二人きりの時に皆に内緒だからねと

こっそり食事に誘ったりおやつを与えたり

お母さんとお兄ちゃんだけの特別な事をしたら良いです

お父さんも上手に同じような事を考えてします。
ここは、母親が賢く知恵を使います。

私の上の子も下の子に理解できなかったですか

上の子にも母親が味方してあげた方が上手くいきます。

お兄ちゃんの頑張りもしっかりフォローする事が大事です

家族や他人でも登校拒否を理解してもらわなくても

母親が家族ひとりひとり互いの存在を認めてあげる事が

最も大切です

広く深く愛情を示す事です

私は、そこが大事だと

子供の登校拒否できた事で

気づかされました

良かったと思います

今まで出来てなかったから

その分とり戻す時が

今きてると考えたら良いです

広く大きく考えたら良いです

何も恐れる事はありません

私達家族が幸せになるために

今出来る事をするだけです。

簡単です。

きっと良かったと思う日がすぐ

そこまで来てます。



参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 そうですね。みんな認めてもらいたいんですね。意識していなくても、潜在的に。そういえば兄がいっつも◯だけ許されてずるいと言ったことがありました。二人っきりになったとき、これまでの兄の頑張りもほめ、優しくしてみます。こっそりご馳走するのもいいかもしれませんね。ストレートにぶつけることは一見よくないことのようですが、家族だから言えることもありますね。あれから次男はなんとか立ち直り、会話もできるようになりました。怒りも悲しみも「時間」が忘れさせてくれます。嵐のあとは穏やかな時が必ず来ますね。不登校によって、家族一人一人が生き方を学び、絆を深くできるよう、母も心を広くして笑顔でいるようにします。



回答一覧
A-No.026383
2016/12/19 09:15
アイコン
ぷにさん、お疲れさまですm(_ _)m
ご主人と長男さんの言い方はいけないと思いますが、それより何よりもただでさえ傷ついてしまって苦しんでいる次男さんを守ってあげて欲しいんです。
うちの次女も酷いいじめで身体障害と心身障害と吃音の障害があります。誰も障害を持ちたくて生まれて来たわけではなく、障害があっても一生懸命生きていることをわかってほしいんです。次男さんも不登校になりたくてなったわけではなく、誰もが不登校になり得ることを知ってほしい、不登校にならなかった子のほうが奇跡だと思います。

次男さんの心の傷が少しでも癒えるようにぷにさんが次男さんを信じてあげてあたたかく見守ってあげてください。きっと乗り越えられますよ。次女も障害に負けず、夢に向かって頑張っています。

参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 なみさん、ありがとうございます。誰も好きで不登校になったり、からだが不自由になったりしていないんです。これまでなんともなく過ぎていても、これから先、ストレスで仕事に行くのも辛くなったり、事故や病気で不自由になることって、誰でもありうることなんです。年齢問わず誰でも。家族は交代できません。傷を受けながらも、強くなって生きていけるよう、私は私で息子にエネルギーを与え続けます。人生長い道のり、いくらでも人は変われます。今は立ち止まって考えることができるチャンスですね。ゆったりとした気持ちで見守る努力をしていきます。
なみさんが経験した日々のことをうかがい、勇気がわいてきます。これからも、我が子を支えられる心丈夫な母を目指しますね。



回答一覧
A-No.026381
2016/12/19 07:19
アイコン
ぷにさん、こんばんは。
似た様な事、我が家もありました。妹なのでそれ程きつい言葉は使いませんが、『私だけ学校いって部活して塾にいって!』みたいな事は言ってましたね。父親の暴言の方が酷かったので、あまり気にしてなかったのですが。
結局、皆んなが不安になってたんだと思います。家族で負のスパイラル状態ですよね。
『お兄ちゃんの事は母親の蜜柑が責任とる。あなたは自分の心配だけしとったらえーんよ』みたいな事を言って、何か甘いものを食べさせてたと思います。
兄の事では妹も不安になってたのだと思います。『お兄ちゃん、このままだとどうしよう・・』みたいな感じですね。父親も、また同じです。

蜜柑もゴッドマザー演じるのに必死でした。

周りの不安に引っ張られず、安心させてあげることかなぁ。

まぁ、それもボチボチです。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 蜜柑さん、ありがとうございます。男の兄弟だからかもしれません。ストレート過ぎて毒になっちゃって。兄弟も心の奥では早く元のようになってほしいし、不登校の息子にばかり親の目がいって、不安定な心もあるかもしれません。どうしても不登校の子供を守ろう守ろうとしすぎている自分を反省します。父親にもあきらめずに「一緒に子供のため頑張ろう、みんなに優しく接しよう」と話続けているところです。父親のいいところを見つけ、心を安定させるのも頑張っています。私自身がまわりに気を配って励ます余裕のないことも正直ありますが、家族づくりのやり直しの機会をくれた息子に感謝です。



回答一覧
A-No.026379
2016/12/18 19:24
アイコン
私には不登校中の息子の他に2人女の子がいます。長女は出産時のトラブルで知的障害があります。多分一目見たら健常でないことはわかります。買い物に連れて行ったりすると、すれ違いざまにちょっとなんかあるな、とか障害者やから見たらあかんとご自分のお子さんに言う人もいます。不思議なもんでそういう偏見的な事を言う方は大抵中高年の男性です。若い人は意外にそういう偏見的な事は言わないように思います。受けて来た教育の違いなんでしょうか。中高年の方が教育を受けていた時代はそういう偏見があったんでしょう。ご主人もそうではないですか?でも障害者って言われるのは正直すごく悲しいです。好きで障害者になった訳じゃないし障害があっても一生懸命生きてますから。それに誰でもいつ障害を負うかわかりません。ご主人にわかって欲しいです。回答になってないんですがわかって欲しくてコメントしました。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 オデットさん、ありがとうございます。人は好んで不自由になったわけでないです。私の母も病気で数年前障害者に認定されました。夫の育った時代というより育った環境が無理解になったんだと思います。確かに子供たちの方が自分とはちょっと違う人を特別視しないで受け入れています。今は軽度発達障害が注目されている時代で、誰もが軽く口にしているように思います。家の二人もです。不登校の息子も実際はそうかもしれませんが、その人が悪いわけではけしてありません。人とうまく付き合えない息子なら、少しずつ緊張をといてあげようとするのが家族です。他人がどう言おうが、思おうが、家族はよき理解者で、支える気持ちを忘れてはいけないと思っています。
その気持ちを強く持っているがために、無理解の人にどうして?って心で叫んでいるんです。家も小さな社会ですね。色々な考えをする人がいて当然かもしれません。全員理解は難しいでしょうが、時間をかけて人の心をわかってもらうよう、あきらめずに話していきます。



回答一覧
A-No.026378
2016/12/18 17:51
アイコン
息子さんにというか、障害を持っている方に失礼だと思います。
お父様がそうゆうことを言うからお兄様もこう言うことに対して考えずにそうゆう言葉を使ってしまうのだと思います。
うちの隣は障害者施設なので、よく障害を持っている方を見かけるのでそう言うことはよくわかっているし、基地外とか障害とかは絶対に使いません。

息子さんは様々な事情で気が滅入って学校に行けていないだけですし、お兄様も学校に行けなくなる可能性は十二分にあるのです。今の時代は誰がいつ不登校になるか分かりません。そうゆうことをわからせるべきだと思います。
今までお兄様が学校に行けていたのは奇跡なのだと言ってあげてください。
あと時間があれば障害者施設に出向くのもいいかもしれません。
障害者の方は好きでなったわけではないですし、体のどこかが違うだけで心は私たちと同じなのです。
テレビ番組でも時々そうゆう人たちの特集があるのでそれを見てもいいと思います。

まずは障害とは何か、どうして不登校になるのか、どうやったら学校に行けるのか、などきちんとお父様やお兄様にわかってもらう必要があります。
不登校は家族の協力がなければ解決しません。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 その通りです。私も同じ考えです。不登校は悪いことでありません。その人の心のなかも知らないで、周りが良い悪いをいうのはどうかと思います。また、障害ということばも私は使いたくありません。みんな大事な命です。大事な存在です。この先、誰だって事故や病気で不自由な思いをする可能性があるのです。人間みんなおんなじです。二人には何度もいっています。言ってもそうだからやるせないのです。でも、不登校の息子のために、家族の理解、協力が得られるように、根気強く話していきます。人としてどうあるべきかをわかってもらいます。



回答一覧
A-No.026376
2016/12/18 15:39
アイコン
私も親や兄弟から嫌な事は沢山言われました。
「学校にも行かないなんて信じられない」「お前は病気だ」「精神科に行ったら就職もまともに出来ないぞ」等々……
特に私も父親や酔った時の母親、そして下の弟(そろあには年の近い弟が二人います。)によく言われてました。
でも、上の弟は理解を示してくれて、「お姉ちゃんも辛いんだから、あんまり責めるなよ」と間に入ってくれました。
同じ兄弟でも不登校への理解は様々です。

お子さんの成長によっても不登校への理解は変わってくると思います。
うちは上の弟も小学生までは私の事を「不登校女」と呼んでいましたが、自身が中学に上がり色々と経験してから、私に対する態度が変わりました。
逆に下の弟はもっと態度がきつくなりました。(今はそんなにきつくないので思春期的な反抗心もあったかもしれませんが)
下の弟の言い分は自分は学校行って頑張っているのに何で、姉ちゃんはそんなことも出来ないのか?意味がわからない。だったと思います。不登校の私が楽をしている様に見えたのでしょう。

もしかしたら、ぷにさんのお家のお兄さんは自分の事で手一杯で弟さんに気を遣う余裕がないのかもしれないと思いました。うちの下の弟もそんな感じだったので。
不登校への理解はきっと、どの家庭でも家族間で差があると思います。

でも、一人でも理解を示してくれる家族がいることは不登校生活での救いです。
ぷにさんが苦しみながらも不登校の息子さんと関わろうとし、理解しようとする事は、不登校経験者の私から見ても、とても嬉しいことです。息子さんに代わってありがとうを言いたいです。

長文になってしまってすみません。当時の自分の家の状況に少し似ていたので、思わず投稿してしまいました(^^;
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 そろあさんの体験したことをうかがい、家族にも心の波があること、時間が解決することを学びました。不登校の息子をわかってくれる人は母である私以外にもいます。女の子です。その子は自分もいじめにあい、学校が辛くてたまらなかったけど、毎日私がその子の気持ちを1、2時間家で聞いてくれたことで我慢できたと言います。だから、不登校の息子が学校で馴染めない辛さも知っていると言います。家族でも温度差があるのが当たり前、仕方がないことって少し割りきって、私は私で息子の心の支えを続けます。人を変えることより、自分が前向きに取り組もうとすることですね。がんばります。



回答一覧
A-No.026375
2016/12/18 13:51
アイコン
兄弟の言葉についてだったので、なんとなく私の家と似てるなぁ、と思いました。
私は姉ですが、弟は、私が学校に行かなかったり、学校に行きたくないということで
親や祖母と喧嘩すると、私を下に見る発言をします。
下に見る発言をし始めたのは、親や祖母が、「弟は学校に行ってるから偉い」
ということを言って、私と弟を差別し始めた時からだと思います。
親の対応を見て、子供は態度を変えると思います。
けれど、このような苦しさは、味わった人にしか分からないのだと思います。
その人には当たり前でも、別の人にはそうじゃないかもしれない。
そんな当たり前に見えることを、本当に分かっている人は少ないのだと思います。
世間一般で言う普通の人よりも、そうじゃない人の方が、
案外、人間らしく、人の気持ちを汲めるのかもしれませんね。
すみません、わけが分からない文で……;;

参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 普通の人じゃないと思われている人が人の気持ちを一番理解できるのかもしれません。上から人を見下ろすヒトほど経験がないのですね。人に罵声を浴びせられたり、態度で差別されたりすることは苦しくてたまりませんが、人の気持ちがわかる人になれるんです。母である私も小学校のとき、仲間はずれや汚いもの扱いをされ傷つきました。ずっと大人まで傷ついていたのだけれど、私を傷つけた人は何かにイライラしていたり、傷ついた経験がない人、つまり心が寂しい人だったんですね。その人たちを恨むより、自分が人として心でも仕事でも立派になることを目指してきました。傷をプラスにできるよう、心を新たに我が子に関わっていきたいと思います。励まし、本当にありがとうございました。