不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県
Question

将来

Q-No.010555
2017/01/02 22:45
アイコン
家族は、学校に行けと言う。
苦しくても、今を乗り越えれば何とかなる。
そんなことを言う。
家族は無責任だ。
私を育て、教えたのは貴方たちだというのに、全て私が悪いような言い方をする。
そして、一番苦しい思いをしている筈の私より、大変な思いをしているような、
そんな言い方をするのだ。
私の暴言や行動についてあーだこーだ言うが、
それは、貴方たちの発言や行動が、私を傷付けるからだろう。
私の気持ちなど受け入れもせず、急かすことしかしないからだろう。
そんなこと、不登校にならず、今まで世間一般の常識で生きてきた貴方たちには
一生掛かっても理解できないのだろう。
「それは過去のことだから、今更どうしようもない」と言う貴方たちが、
私は酷く、憎く感じることがあるのだ。
将来じゃなくて、今の私を見てほしい。
将来の私を憂うのなら、今の私を見てほしい。
私がやる気を出さないからと言うが、それは本当?
故意にやる気を出さない子に見えてたの?
周りはいつもの私ばかり見て気付かないけど、私は疲れ切ってしまったよ。
そのせいで、学校への気持ちに蓋をしてしまったよ。
苦しくしたのは、貴方たちでしょ?
今まで、私の何を見てきたの?



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.026534
2017/01/06 15:41
アイコン
こんにちは、花と申します。
藤乃進さんの書き込みをみて、高校生のときの自分を思い出しました。

学校に行った方が将来のためになることは分かってるし、周りの平穏を乱してることも分かってる。でも、やっぱり行けなくて自己嫌悪して、その苦しみも学校へ行こうと闘ってることも親は理解してくれない。
寂しくてつらかったですし、親への不信感しかなかったです。

私の場合は、親は一生私の気持ちなんて分からないんだろうと諦めてました。

勝手に昔話をさせていただきましたが、あまり自分を追い込まないようにしてください。あなたの心が弱いわけでも努力してないわけでもないです。ただ、環境があなたに合ってないだけです。
自分の将来は親のものではない、自分のものです。自分のために今を選択できる環境だったらいいのですが……。
藤乃進さんの心が少しでも軽くなりますように。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)



回答一覧
A-No.026523
2017/01/05 19:04
アイコン
藤之進さん、こんにちは。家族以外でも良いので相談できそうな方は周りにいませんか?疲れきってしまっている心には叱咤激励はなかなか辛いものです。秋田県には詳しくないのですが検索してでてきたURLを貼っておきますね。お話を聞いてもらうだけでも心が休まる時もあるかな、と思うので…。
参考になるURL http://akita-jidoukaikan.com/soudan 
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)



回答一覧
A-No.026516
2017/01/04 21:27
アイコン
こんばんは、蜜柑と申します。藤之進さんぐらいの息子の母です。息子のジャックは鬱の服薬治療しながらの五月雨登校してます。
このところ、息子がクルリと背を向けました。鬱に苦しみ学校に行けなかった時に『親なんか死ね!』と感情剥き出しに向かって来たのが懐かしいです。もう、蜜柑には息子の背中しか見えません。
将来の為に、過去に向き合い過去の自分を助け出そうとする事もあるでしょう。思いっきりぶつかったら気持ちにも風穴が開くかも知れませんね。

将来なんて不確かなものに苦しめられるの嫌ですよね。
でも、それを求めてやってくる人がいるのも不思議です。

十年したら蜜柑は占い師になって開業しようと思います。中学生の娘は『・・・応援はする。』と言ってくれました。

娘が『夢は占い師』なんて言わなくて良かったです。
身勝手な親だなぁと自分でも思います。

将来は親が見るものではなくて、藤之進さんが決めて行けばいいですよね。
応援してます。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)



回答一覧
A-No.026513
2017/01/04 00:52
アイコン
藤之進さん、こんばんは。私は我が子が不登校になってたくさん「気づき」がありました。最初は我が子の苦しみより親として学校にいってほしいという思いだけが優先して、学校に行こう!と必死に説得していました。時間と共に我が子の馴染めない学級、学校に対する辛さを知り、楽にさせたいと思い、思い切って退学の決断をしました。不穏な家庭も我が子を苦しめていたなあと思い、家庭の立て直しをし続けています。私自身、高校の時は理解してくれない親を恨みました。理不尽な発言をする親を心の中ではかなり批判しましたが、反抗はできず、ひたすら日記に怒りをぶつけました。思い通りにならない家族、わかってくれない家族・・・自分を苦しめていると思っている家族でも、落ち着いて考えると愛情があるがゆえの言動のこともあります。心配すぎて言っちゃうものなんです。
100%藤之進さんを否定しているわけではない気がします。家族は世代も違うし、考えが合わないのが当たり前かもって割り切るのもいいかもしれません。
藤之進さんは今まで学校でも家でも自分の心をおさえてずっと我慢してきたのでしょう。苦しみや悲しみも我慢してきたのですから、私はあらけても構わないって思います。反抗って大事なこと。
私の別の子供もかなり反抗します。やられると正直親もきついですが、喜怒哀楽があるのが「人」です。家族だからこそ発散しないとと私は思っています。反抗しながら、言葉や態度をセーブするすべを身に付けていくもんじゃないかなあ。私もそう、子供もそうです。「しまったなあ、やり過ぎたなあ」「次は優しくしよう」とか。だからあまり自分をせめないで。
藤之進さんの言葉にあるように、私も明日ではなく今、目の前の子供を見るよう頑張りますね。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ありがとうございます。
ぷにさんは、いいお母さんなんですね。
ぷにさんのようなお母さんを持ったお子さんが、羨ましいです。
私も、家族が私のことを思って言っているのは分かるのですが・・・
なかなか、難しいものです。
考えれば分かりますし、分かる人間だと自分では思っているので、
ちゃんと頭で理解はしているのですが、
やはり、心が追いつかないんですよね・・・
大変ですが、頑張りたいです。
頑張りすぎると、また辛くなりそうですが・・・
ぷにさんも、頑張ってください。