不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 | 三重県
Question

卒業

Q-No.010795
2017/03/26 17:33
アイコン
お久しぶりです。
中3の時に不登校だった娘がいます。
高校は、不登校対応の全寮制にいきましたが、すぐに行けなくなって退学しました。次の年、通信制高校に入学し、やはりはじめは馴染めず、私の付き添いで、教室まで行っていましたが、秋の文化祭から、友達ができて私から離れはじめ、色々ありましたが、この3月に卒業する事が出来ました。体育館に堂々と入場する娘を見て、5年前の中学校の校長室で一人だけの卒業式を思い出し、ウルっときました。
4月からは専門学校へ、進学します。
今、娘は前を向いています。中学校時代の記憶は空白ですが、それにとらわれていません。その様子を見て、私はあの暗いトンネルから抜けたのだとやっと思えました。
ここに来ている皆さんも、辛くて暗いトンネルにいる気持ちだとおもいますが、必ず抜ける日が来るのだと信じてほしいと願います。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.027025
2017/03/27 22:59
アイコン
エニシダさんご無沙汰してます
嬉しいお話ありがとうございます
お嬢さん良かったですね!
お話を聞かせていただいて嬉しさいっぱいです
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ありがとうございます。
通信制の先生、カウンセラーさん、地域の人たちなど、たくさんの人のおかげでの卒業です。
私自身も自分の人生を振り返る経験になりました。私のコンプレックスと向き合う事で、娘との関係も変わっていきました。
まだまだ、これからどうなっていくか、不安はありますが、今までの経験が役に立っていくと信じています。



回答一覧
A-No.027022
2017/03/27 07:03
アイコン
エニシグさん、娘さんのご卒業おめでとうございます!娘さん頑張られましたね。娘さんの頑張りはこのサイトに来る親御さんや子供たちの背中を押す原動力になると思います。
私も嬉しくなりました。

実はうちの次女もこの春新たな第一歩を踏み出します。うちの次女は本当なら高校2年生です。昨日16歳の誕生日を迎えました。中1の時、ひどいいじめに遭いました。初めは言葉だけで済んでいたいじめはどんどんエスカレート、ついに校舎の階段の3階から背中を押された上足を引っ掛けられて1階まで勢いよく転落し意識不明で緊急搬送されました。足に障害が残り、左手もほとんど握力がありません。軽度の身体障害があります。この春長女の卒業した通信制高校の卒業した通信制高校の動物コースに新入学します。週に2回専門学校でトリマーや動物看護などの勉強ができるコースです。次女はトリマーになるのが夢です。先週の金曜日中3の秋から通っていた特別支援学校に別れを告げました。
お友達から手紙を受け取りあいさつをしました。
吃音の障害もあるため聞き取りにくい時もありましたが娘なりに気持ちを伝えました。

娘さん、きっと前を向いて夢に向かって頑張れると思います。エニシグさんが娘さんを信じて背中を押し続けたからだと思います。
うちの長女も中学校の時に休みがちで自分で通信制高校に行くことを決め昨年卒業し、今は大阪の専門学校で写真の勉強をしています。カメラマンになるのが長女の夢です
4月から就活活動に入ります。一人暮らしもまもなく1年を迎えます。
夢があれば頑張れます。きっと娘さんは夢を叶えてくれると思います。
自立への第一歩ですね、見守ってあげましょうね
お疲れさまでした
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ありがとうございます。
苦しい事も、楽しい事も全てその子たちの素晴らしい人生の一コマで、宝物ですよね。つらい事も、次の一歩を踏み出すキッカケだったと、後になって話してくれたりしました。ですから、私もこれからも見守り続けて行こうと思います。



回答一覧
A-No.027021
2017/03/26 23:43
アイコン
エニシダさん、娘さんのご卒業おめでとうございます。我が家も1年不登校、先日中学校をようやく卒業しました。
卒業証書を貰うことすら息子と擦った揉んだして大変でした。

サポート校で息子が切り替わるといいなと期待しつつ、まだ心配は残っているので、娘さんの一歩踏み出した様子には勇気を貰えそうです。
エニシダさんのように、諦めずに見守っていこうと思います。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ありがとうございます。
色々ありましたは、ホント色々ありまして、はじめは私がパニックになったりしました。でも、これらの経験は、娘のもので私のものではないと、一歩引いたら、楽になりましたし、娘も自分で動くようになりました。
これからの事も、まだ未知ですが、もう私が先に立って動かず、彼女の失敗さえも彼女のものとして、見守ろうと思います。