不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
Question

家庭教師の経験から。

Q-No.010894
2017/04/21 12:04
アイコン
不登校をした経験から、不登校の生徒さんの家庭教師を積極的に受け持ってきました。毎年、11月頃から3月までは受験準備のサポートに駆り出されます。特に1月から2月は、生徒さん自身が真剣になる時期で、その時期のやる気は凄いものがあります。
そもそも家庭教師を呼ぼうと決断できるお子さんは、たとえ学校に登校していなくとも、精神的にはかなり元気になっているのだと思います。「先生が来れる日は全部来てほしい」と自分から申し出て、「母さん、夜遅くまでいい?お金大丈夫?」などと自分で交渉し、朝の9時から夜の10時までぶっ続けの3日間、通ったこともあります。こちらとしては、志望校の過去問とその子の学習状況を照らし合わせて、解ける問題、解けるようになるであろう問題を絞って合格点を超えるようになるよう調整し、特訓を繰り返す、というスタンスです。英語や国語は考えるコツを知るだけで随分変わりますし、数学は取捨選択と訓練でなるべく得点が安定するよう調整します。何より本人がやる気ですから、「ご飯なんて食べてる場合じゃないよ!先生、何か問題出して、言って!」と燃えてくれるので、とても指導がしやすく、私にとっては楽しい時間になります。
合格してからも、「高校の勉強についていけるか心配だから少し来てほしい」と就学準備のお手伝いに呼ばれることも多いです。合格してからは、通えるか不安な気持ちが出てきている様子のお子さんもいらっしゃいますが、「部活するの?それともバイト?楽しみだね」と明るい話をするようにしています。「いまクレープ屋でバイトしてて、上手になったから買いにきて」と呼び出されたことも・・。

●例1 女の子
小学校3年生から完全不登校で、小数点の掛け算ができないという子の受験準備を中学校2年生から担当しました。当初、ローマ字もほとんど書けませんでした!義務教育を卒業するまで1日も登校しなかったそうですが、高校からは登校し卒業、楽しく通っていた様子で修学旅行のお土産など頂きました。専門学校への進学者が多い学校から受験をして短大へ進学し、さらに4年制の大学へ編入学していました。現在は、幼稚園教諭をなさっています。オフの楽しそうな写真がよくFBにアップされていて、和みます。

●例2 男の子
お友達とのトラブルで中学2年生から不登校で、受験直前に少しだけ担当しました。自分で授業を選んでその授業にだけ登校すればよい大学のようなシステムの高校へ入学し、生徒会長まで勤めていました。最初にお会いした時は、物静かな印象を受けましたが、今はハチャメチャに元気です。大学も現役で合格し、今は一人暮らしをしているそうで、今でも様々な相談を受けます。ちなみに、「不登校で悩みすぎて気づかなかったけど、僕ゲイだったんだけど!そして彼氏できた!」なんてこともありました。偏見と戦って、時に怒りのラインなどが来ますが、折れない強い心には感心します。


すべての生徒さんのその後を追えたわけではありませんが、不登校を経験したからなのか、もともとそんな資質があったのか、皆さん自分のことをよく考え、まっすぐ努力し、自分で進路を決められる強い人に成長なさっているなと感じます。私も見習わなくては^^;



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。