不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県
Question

僕たちの、最大の敵について

Q-No.011040
2017/05/28 02:03
アイコン
僕は最近、自閉症、ADHDの診断を受けました。

嘘だろ…と思う気持ち。
ああ、なるほどね。と思う気持ち、両方あったのですが、なにより思ったことがあるのです。

僕は幼少から物忘れが激しかったり、人付き合いが苦手だったり、変にこだわりが強かったり、色々とみんなと違うところがありまして。
それでもよく考えれば、それらはあまり支障にはなっていなかったのです。僕を苦しめたのは何より、『自己否定』でした。

人と違うことを指摘され続け、『お前はここがダメだ』『お前はこんなこともできていない』と欠点ばかり教えられて育った僕は、いつしか自分は何の価値もない、周りより劣った人間なのだとしか思えなくなります。
新しいことを起こそうにも、ずっとその劣等感が邪魔をして来ました。
今も、その劣等感は僕のことを邪魔し続けています。


だから、どうか皆さん、
自分にできることを知ってください。
お子さんの強みを教えてあげてください。

最後に褒められたのはいつですか?
最後に褒めてあげたのはいつですか?

僕らの最大の敵は、劣等感です。それは一生つきまとい、みなさんを阻む壁となります。

生意気なことを申し上げましたが、これが僕の思う、僕たちの、最大の敵です。

皆様の心の隅っこにでも、覚えておいていただけると光栄です。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.027553
2017/05/29 16:49
アイコン
すってん店長さん。拝見しました。

私の投稿の一番始めを見ていただいたらわかるかもしれませんが
うちの子供が、はっきりと診断は出ていませんがグレーゾーンです。

私自身は小さい頃人より何でも早く、勉強も運動も何でも器用にこなす方で、自分に対してあまりコンプレックスもなく自信がある方でした。

自分の子供もてっきりそういう子供が生まれてくると思っていたので、つい2年前までは、真逆の対応をしていたと思います。

「何でできないの?」「こんなこともできへんの?」って

今はありのままの彼を受け入れているつもりですが、
「何で2つのこと一気にできないんやろ.....」あっそっかこの子はできないんだ。と納得させながら毎日過ごしています。

15年間怒られ続けたの蓄積が不登校として出ています。

今はいいとこだけを見て、否定せず、ちょっとしたことも褒めるようにしていますが、なかなか蓄積は取れないですね。

大人になったすってん店長さんの言葉

これから毎日心に留めて彼と接していきたいと思います。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)



回答一覧
A-No.027552
2017/05/29 12:02
アイコン
すつてん店長さんへ

はじめまして投稿拝見しました

最近 診断を受けられたのですね

私は、それよりも すつてんさんの中から

発する言葉や文にとても魅力を感じました

幼少から人と同じ事が出来ない事や

人と関わる事が苦手な自分に対して

否定され続けられた私は、すつてんさん大いに共感しました

親や大人が子供たちを否定するなら

子供たちは自己否定するでしょう

私もそんな子供でした

だからこそ私は、そんな大人に成らない

そんな親に成らないと思える事ができました

私も劣等感のかたまりでした

親や大人たちは、否定する事で子供に劣等感を育ててる事を覚えていて欲しいですね

しかしすつてんさんは心の豊さが誰よりもあるのではないのでしようか

今は自己否定や劣等感があったとしても

人は必ず進化し成長できます

私は、人と違う事や同じ事が出来ない事で

ずいぶん苦しい思いをしました

がそんな人が出来ない事が出来るようになった時の感動は格別なものがあります

また子供たちにも長い目で焦らず関わる事ができました

今思うと自分の苦しんだ事が

私の生きる知恵に支えになりました

自分は自分で人と違って良いと思います

私は、私で自分の生きたいように生きて行けたら良いです

そう子供たちに願ってます

すつてんさんにもそう思って応援してます
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)



回答一覧
A-No.027545
2017/05/28 06:55
アイコン
すってん店長さん、おはようございます。
私は親の立場ですが、仕事柄発達障害の方を知っている立場でもあります。あなたに発達障害の診断がついた話に驚きました。そしてこれまで恐らく様々な経験と努力をされたのだろうと想像しています。

「劣等感が最大の敵」私も同感です。息子に何か自信を持たせてやりたい、ずっとそう思いながら育ててきました。残念ながら、受験という壁に心が折れたようです。

仕事で出会った多くの人から、「どんな人生を歩んでいたとしても、人にはそれぞれ生きる力がある」、と教わりました。だから私の息子にもどこかにその力があるはずと信じています。
ただそのボタンを押すのも本人で、私達親は見守るしかない。歯がゆいです。
そして、その歯がゆさから余計な手出しをしてしまいがちなのも、これまで息子と歩んできた経験から感じていることなのです。

親も人間。私が反抗期を抜け出せた気づきの1つです。また時々、子供達の立場に立った感想を話して下さい。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)