不登校 不登校経験者・保護者のためのいばしょサイト > 相談・交流掲示板 > 一年前の卒業式を思い出して、今感じること。

不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
Question

一年前の卒業式を思い出して、今感じること。

Q-No.012213
2019/03/13 19:00
アイコン
昨日のことになりますが、昨年まで息子が通っていた中学校で卒業式がありました。
家の近所に卒業される子どもさんがいたり、職場の方が来賓として卒業式に参列されたり、否応なしに一年前のことが思い出される日となりました(^^;)

うちの息子の場合は、中三の三学期から不登校になったので、登校は無理でもせめて卒業式だけは出席してほしいという願いが私の中にありました。しかし、その願いは叶わず、翌日の学校での合格証書の受け取りも行けず、結果フェードアウトするような形で中学校生活が終わりました。

その後の春休みは、心身が回復するよう家で穏やかに過ごすよう心がけ、親子とも新たな一歩が踏み出せるようにと願って迎えた高校の入学式でした。しかしながら、その願いも叶わず、息子は入学式から動き出すことが出来ませんでした。

そして、月日が流れて約一年が過ぎた今、この4月から新たに通信制高校へ転入することが決まりました。実際に手続きして分かったことですが、一部の書類を学校から提出していただくこと以外は全てネットから申し込みで、スマホのメール宛に入学許可&入学案内が届くというお手軽さ!!昨年苦労して高校受験したのは一体何だったの?という感じです。本当に便利な世の中になりました(;^ω^)

とはいえ、息子は未だに昼夜逆転の完全引きこもり状態、スマホ&ゲーム依存の生活が続いており、通信制高校のネットコースといえども、無事卒業までたどり着けるかは疑問だらけで不安要素がいっぱいです。
まだ我が家はこんな状態ですが、一年前の受験期に「もう生きてる意味がない!人生終わりや。死んだ方がマシ。」等と口走っていた息子のことを考えると、少しずつながらも前を向いて歩き出したような感じはします。

一年前に私が思い描いていた未来とは、今の時点で全く違う道を歩き出した息子ですが、自分の進みたい方向がみつかるまでサポートしつつ、その成長を信じてゆっくりと側で見守っていきたいと思っています。

そして、今まさに卒業式や入学式を控えて、不安に感じておられるお子さん&親御さんが多くいらっしゃると思いますが、うちのように式典の思い出がない家庭もあるので(笑)、決して一人ではないですし、親御さんはどーんと構えてお子さんを送り出してあげてくださいね!
どうかこの掲示板を利用する多くの皆さんに、良い春の訪れがありますよう願っていますし、私も息子と新しい一歩を踏み出すべく頑張りたいと思います。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.030011
2019/03/20 05:08
アイコン
回答のお礼ありがとうございます。私の読みづらい文章を読んでいただけただけでも嬉しいです。
実は今京都の会社で社会人として働いている長女も中学生の頃体調不良で不登校寸前でした。4軒目の病院でやっと体調不良の原因がストレスが原因だとわかりました。通信制高校の全日制課程に通いながら夢探しに向かって歩き出しました。この学校で出会ったカマタマーレ讃岐のサポーターをしている女の子知り合い誘われて試合を観に行くようになり、写真を撮るようになり突然カメラマンになりたい、写真の勉強がしたいと言い出したのです。高松には写真の勉強ができる学校はありません。娘がネットで調べて大阪に写真学科のある専門学校があると言い心配や不安もありましたが応援することに。昨年その専門学校も卒業京都の会社に就職。カメラマン兼ライター兼グラフィックデザイナーの仕事をしています。生まれて初めての一人暮らし、田舎生まれの田舎育ちの娘に大阪の梅田で生活して行けるのか心配でしたが親の心配をよそにあっけなく自立していきました(笑)

息子さんが新しい一歩を踏み出す日が必ず来ます。うちの娘たちのように
私も一緒に見守らせてください。いつでもメッセージくださいね。読んでくださってありがとうございます。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 なみさん、再度コメントいただきありがとうございます。
以前より、なみさんの投稿を拝見させていただいてましたので、長女さんがカメラマンになりたい夢に向かって歩んでこられ、実際就職されたことも勿論存じておりますよ~(笑)
私にとって、なみさんとお二人の娘さんの前向きな姿は励みになりますし、心暖まるコメントをどうもありがとうございます(^^)/



回答一覧
A-No.030010
2019/03/18 14:51
アイコン
こんにちは!卒業式のシーズンですね。今日は高松市内の小学校が卒業式みたいです。
我が家の次女は4月から通信制高校の全日制課程の3年生に進級します。中1の時にいじめに遭い校舎の階段から突き落とされ意識不明と心肺停止で緊急搬送され幸い一命は取り留めましたが左半身にまひと硬直の障害が残っています。杖をつけば自力歩行できるまでにはなりましたが車いすを使うこともあります。
うちの次女は中3の2学期に中等特別支援学校への転校が許可され学校に通えるようになりました。お友達にも恵まれて卒業まで楽しく通うことができました。
1年遅れで高等特別支援学校から通信制高校の全日制課程に新入学しました。通っている通信制高校には週5日制服を着て通う全日型のコースの中に動物コースというコースがありトリマーや動物看護などが提携する専門学校で学べて実習が受けられるコースがありトリマーになるのが幼稚園の頃からの夢だった次女が通いたいと言い出しました。障害を持っている子が健常の子たちと一緒に同じカリキュラムをこなすには学校側の受け入れ態勢やお友達のサポートが必要です。娘はお友達のサポートを受け楽しく元気に通っています。

皆さんのお子さんたちにも満開の花が咲きますようにお祈りししています。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 なみさん、はじめまして。
コメントいただきありがとうございます!以前より、なみさんの投稿記事は拝見させていただいており、今まで何度も勇気をもらってきました。

なみさんと娘さんが歩んで来られた道のりは、私が想像するよりも遥かに険しい道のりだったと思いますし、言葉では簡単に言い表せませんが、娘さんがトリマーになりたいという夢に向かって頑張っておられる姿は、大変立派で素敵なことだと思います。
また、なみさんやご家族のサポートも素晴らしく、私も見習わないといけないなと常々思っていました。

うちの息子は、今はまだ自分の殻に閉じこもっていて、外出もままならない状態ですが、いつかなみさんの娘さんのように、自分の夢に向かって羽ばたいていってほしいなぁと思います。
まだまだ、落ち込んだり不安になったり葛藤の毎日ですが、子どもの成長を信じて見守りたいですし、私も春が訪れるのを待ちたいと思います(*^^*)



回答一覧
A-No.030002
2019/03/14 01:58
アイコン
polarisさんの優しさと息子さんへの愛情が伝わってくるメッセージで何度も読み返しました。
側で見ておられて、少しずつ前を向いて歩き出したように感じられるのは嬉しいですね。応援しています。
polarisさんの息子さんを信じてのサポートや見守り方にいつも教えられます。私は直ぐに先走ってしまうし、一喜一憂しすぎるので…

娘も昨日、中学卒業式でした。先週、参加を期待するようなことを言って怒らせてしまったので諦めて黙っていました。ですが、前日の夜に「明日行くからお母さんも来てね」と言ってきました。高校入試のとき同様、前日まで迷うタイプのようです。卒業式では友達と写真を撮ったり、驚いたことにお世話になった先生に手紙を書いたりもしていました。嬉しくて感動すらしたのですが、喜び過ぎない!落ち着け!と自分に言い聞かせているところでした。
娘のほうから4月からの高校の話をしてくることはありません。不安がたくさんあるのでしょう。
立ち止まることがあっても、私も子どもを信じて見守っていきたいと思います。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ラベンダーさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

そして、娘さん卒業式に出られて良かったですね。きっと、娘さんにとってはすごく勇気がいる行動だったと思いますし、次の道へ進んでいく大きな自信につながったでしょうね。私も良い報告が聞けて、何だか嬉しい気持ちになりました~!!

親としては、子どもが最初から素直に気持ちを伝えてくれたらどんなにいいだろうと思ったりしますが、子どもは子どもなりにいろいろ考えて、自分で結論を出してからしか親には伝えてくれないし、行動出来ないんだろうなぁと最近感じています。だから、親はサポート役に徹して、焦らずに待つことが大事なんでしょうね。

ただ、実際これがなかなか難しくて、私も子どもの感情に振り回されて一喜一憂したりしますよ(^_^;))
私自身が腹をくくって、どーんと構えられる親になりたい!と思っていますが、まだまだ修行が足りないようです(笑)
またしんどくなった時は、こちらで吐き出したいと思いますので、その時はアドバイスよろしくお願いします!
お互い子どもの成長を信じて、前を向いて一歩ずつ歩いて行きましょう(^-^)/