不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県
Question

子どもに暴言を吐いてしまう

Q-No.012669
2019/12/12 08:46
アイコン
中一男子の母です。5月から不登校です。
無気力で勉強をしません。高校には普通に行きたいと言っているので学習するようにいうのですが、真面目に取り組みません。
私もできるだけ寄り添うようにしたいのですが、あまりに不真面目な様子を見ると子供の心を傷つけるようなことを言ってしまいます。人格否定するようなこともいいます。
普段は元気で明るいのですが私が暴言を吐くと布団をかぶって動かなくなってしまいます。
私がどんどん彼を追い詰めているのだと思うのですが、自分の感情が制御できません。
よかれと思ってやっていることがぜんぶ裏目になってしまいます。
本気で死にたいと思うこともあります。
どうしたらコントロールできますか?
不登校を克服した親御さんはたいていが見守っていたといいます。子どもを信用して見守っていたという話が多いです。
そんなことできません。どうしたら見守れるのですか?
このままほっておいたら中学の学習すら身に付きません。
中卒でなにができるというのでしょうか。
絶望と焦りしかありません。
もうこんな人生終わりにしたいです。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.031261
2019/12/14 03:01
アイコン
うにさん、こんばんは。
現在中3になる息子がいます。中1の3月から不登校になり現在に至ります。

うにさんの息子さんが不登校になって約半年位経つのでしょうか。私もその位の時期が一番焦っていたし毎日が辛く死にたくなっていたのを思い出しました。
何をしていたのか思い出せません。1日をやり過ごすのに精いっぱいだった気がします。
余計な口を出さずに見守るって難しいですよね。
私はある時期に息子に期待すること、ささいな事でも全て諦めました。
まあ人様に危害を加えたり法律に触れるようなことはしていない。息をしているだけでいいか。もし今後したいことが出来た時出来るのも生きていればこそだしと割り切ってからあまり言わなくなったように思います。
そうなるのにかなり時間がかかりました。頭ではわかっていても感情をコントロールするのは難しく。一年以上かかったかな。
正直今でも我慢しきれず爆発して余計な事言ってしまい落ち込むこともあります。
うわーってなりこのままじゃ酷い事口から垂れ流すと家出することもしばしば。
仕方ないです。親も人間なんだもの。完璧じゃなくても努力していく位でいいんじゃないでしょうか。
不登校の会などで親しくなった方と話をすると皆さん似たり寄ったりでしたよ。

うちは今でもですが、不登校になってからというもの勉強することは一切やめてしまいました。
中1の頃は公立の進学校を希望していました。
不登校の間PCやスマホをいじるしかしなくなりました。ほぼゲームをしたりユーチューブを見たりですが1日10時間以上です。それしかすることがなかったというのもありますが、現在私には全く理解できないほど精通しているようです。
どうも自分で動画配信やホームページを作成しており、他の地域の様々な年齢の同じ趣味を持つ方と交流があるようです。(担任や友人の子から聞いた話です)
そんな毎日で自分のやりたいことがおぼろげながらも見つかったようで、ある通信制高校に行きたいと言いました。
先日入学合格を頂いたので、おそらくそちらに進学することになると思います。
これからどうなるかはわかりません。正直不安しかない。でも彼が自分で決めた事なので親が出来る範囲で応援するしかないですね。
息子が不登校になって色々考えさせられました。
学校に行かなくても勉強さえしてくれればとずっと思っていましたし、学歴が無かったらどうやって生きていくのかと焦っていました。
中卒と決まったわけではないですよ。
今は無気力で何も考えていないように見えるかもしれませんが、本人は色々悩み考えていると思いますよ。
私はそうアドバイス頂いた時、うちは違うと失礼ながら思ってしまいましたが。その通りでした。
必要だと思ったら勉強するでしょうし、不登校でも行ける高校もありますし、高卒認定試験を受けて大学受験だってできます。道は色々あります。
長くなってしまいましたが少しでもお気持ちが楽になればと思います。
でもそんなに簡単につらい気持ちは無くならないし切り替えられないですよね。分かります。
また辛くなったら溜め込まず。いつでもここにお気持ちを吐き出しに来てください。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)



回答一覧
A-No.031256
2019/12/12 18:41
アイコン
うにさん
お返事ありがとうございます。
私の長いメッセージを、何度も読んでくださったなんて、嬉しいです。
私も強いことを言いながら、毎日不安の中で生活しています。
本心は勉強してほしいと思って焦ってます。
毎日、子供は状態を変えるので、ジェットコースターに乗っているみたいなのものです。
私は未婚の母なので、相談する相手もいません。
うにさん、どうかあきらめないでくださいね。
息子さんを救えるのはお母さんだけです。
学校の先生でも、スクールカウンセラーでも、心療内科の先生でもありません。
一進一退の日々になると思いますし、
とてもとても大変だけど、だいじょうぶです。
息子さんが元気に生きていることに感謝して、
一日一日を乗り越えていくうちに、長いトンネルの先にある光に出会えます。
そう信じて、私も生きていきます。
森田先生の本はアマゾンでも買えます。
私は60日のトレーニングを受けましたが、ぜひ本を手にとってみてください。
なぜか今日、登録したばかりのこちらのサイトで、うにさんのコメントに目が止まったのは、何かのご縁かと思います。
お互いにがんばりましょうね!




参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)



回答一覧
A-No.031254
2019/12/12 09:35
アイコン
うにさん
 こんにちわ、はじめまして。
 うちの息子は小六、いまは時々遅刻したり休んだりしますが、基本的には朝から学校に行っています。
 小五の終わりに不登校となりましたが、6年になってからはそんな感じで、わりと順調です。(欲を言い出したら色々不安はありますが)
 
 お辛い状況ですね。
 うちの息子もですが、ちょうど思春期で難しい時期。この年頃はただでさえ、自己肯定感が低下するそうです。うちの息子を見ていても、それは感じます。
 小四から5年の冬くらいまで、中学受験で難関校をめざし進学塾にも行っていました。とてもやる気ががあって、成績もまずまずでした。英語もネイティブの先生とマンツーマンで学び、プログラミングの教室にも通っていました。
 しかし、ある時から元気がなくなり、まず塾を休みがちに、、
それがSOSとも気づかず、勉強しなさいとずいぶん叱ったり、なだめたりしながら、立ち止まることなく、彼の心の声に耳を傾けることはありませんでした。
 そのうち、朝起きれなくなり、時々遅刻するようになり、そこからは坂道を転げるように不登校へと突入。今になって本人から聞いたのですが、知らぬまにゲーム中毒になっていました。私が寝入ったのを見計らい、深夜から早朝までゲームに興じていたのです。完全に昼夜逆転のゲーム中毒、典型的な不登校のパタンです。この状態を「不登校の底」というのだそうです。
 そこで初めて気がつくほど、私は息子の観察を怠っていたということです。
 それからはパソコンをとりあげ、最愛の息子に蹴られたり、叩かれたり、暴言を吐かれたり。
うにさんの現在のお気持ち、死にたいという気持ち、わかります。
でも、ふんばってください。
 子供の様子に同調せずに、向き合って、無理やりにでも笑顔で接してください。息子が見てない時は、泣いたっていいから、とにかく愛顔愛語で、子供の少しでも褒めてあげられるところを探して、言葉に出して、力を入れてやってください。
 ただ見守る、というよりも、太陽の光のように働きかけて、エネルギーを注いで、カラカラになったコップに一滴ずつ水をいれてやるイメージです。
 毎日5つ、「あなたには食べる力がある」「あなたには起き上がる力がある」「あなたには歩く力がある「「あなたには笑う力がある」と、赤ちゃんをほめるように言葉に出して、ほめてあげてください。「力がある」と言ってあげると、「馬鹿にしないで!」と最初は怒るかもしれませんが、「だってそうおもうんだから」と言って言い続けると、そのうち受け入れるようになります。だらしない子供を褒めるのは難しいです。暴言をはく子供、物を投げる子供に、なにをほめていいのか。そんな時もありましたが、「大きな声を出す力がある」「力いっぱい枕を投げる力がある」それを、呪文のように心をこめて言ってみてください。
 ただ見守るだけでは、力がたりません。笑顔と心のこもった「力がある」という言葉を繰り返すうちに、母親自身の観察力がついてきます。「こんどは何をほめようか」と、一生懸命観察するうちに、子供の良いところ、苦手なところ、見えてきます。そういう意味の見守りをしていくと、子供との信頼関係が再びできてくると思います。
 うにさんの息子さんは普段は明るいとのこと。何よりですね!
 だとしたら、きっとお母さんの笑顔や心のこもった言葉を感受する力があるはずです。受け取りやすいお子さんだと思います。
 ののしったり、否定的な言葉は、不登校の子を奈落のそこに突き落としてしまうので、厳禁だと思います。とはいえ、人間ですから、言いたいこともありますけれど。深呼吸して我慢、口角を無理やり持ち上げて、ニコッとしてみる。そうやって力を入れてあげていくうちに、きっと、学校に行く元気もわいてきます。規則正しい生活をさせて、寝ること食べることを最優先にして、電子機器にもしもはまっているようでしたら、一日90分以内に制限して、そのぶんボードゲームでもしながら対話してあげてください。
 うにさんが厳しい言葉を投げると布団に入ってしまうということは、うにさんを頼っている証拠です。うにさんの取り組み次第で、息子さんは変わります。同時に、うにさんも辛い状況から脱せます。とにかく無理やりにもで愛情たっぷりの笑顔と愛情たっぷりの言葉です。不登校でぐにゃぐにゃに弱っている状態の時は、たぶん勉強はしません。うちの子は不登校になってすぐに塾をやめ、受験もあきらめました。正直、私は複雑な気持ちでしたが、首根っこをつかんでやらせても、また不登校になるだけです。人生は先が長いです。いまは勉強させることよりも、寝て、食べて、学校にいけるだけの活力を吹き込んでやることが最優先。勉強はそれからです。今の状態では、うにさん焦るのはわかりますが、勉強はしないと思います。うちも塾を辞めた頃は、勉強の「べ」の字もよせつけませんでしたが、半年たったいま、やっと家庭教師を受け付けるようになりました。でも、毎日基本的には友達と遊んでばかりですよ!でも、いいんです。元気で学校にいかれるようになったのだから。
 あまり先へ先へ考えず、うにさんと息子さんの信頼関係の再構築からまずははじめてみてください。勉強のことは、後からでもどうにでもなると思います。辛い状況を脱したら、きっと息子さんは成長しているはず。その時に自分でやる気があれば、勉強するでしょう。そのくらいのドンとした気持ちで。
 毎日辛いのは本当によくわかります。
 でも、ここは修業期間だと思って、ふんばってください。
 
 森田直樹先生の著書をご参照ください。素晴らしい本です。
この先生の本に出会わなかったら、私もどうなっていたかわかりません。
 では、お元気で。お互いに、がんばりましょう。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 mokomokoさん、
お返事ありがとうございました。何度も読み返して涙が止まりませんでした。こんなに響く言葉をいただけたのははじめてです。夫も理解がなく、ひとり孤島に置き去りにされたような気持ちになっていました。本当に本当にありがとうございます。
とにかく勉強におくれてはいけないという焦りばかりで彼の気持ちに寄り添うことを忘れていました。すこし勉強はお休みして、私も彼もお互いに楽しく生きていられるように私ができることを考えていきたいと思います。
なかなか笑うの難しいですけど、鏡の前で練習してみますね(笑)
森田先生のご著書、探してみます。
本当に本当にありがとうございました。