眠れなくなっちゃいました。

国公立前期を約10日後に控え、夜眠れなくなってしまいました笑
『2時に寝て、6時半に起きる』これが私にとっての理想でその1日に影響しない睡眠時間なんです。
………が、最近は4時過ぎても眠れません笑
当然影響も出て学校で眠くなる。既に自由登校なので行かなくてもいいのですが、英語の小論文の採点がありスクールバス無しには行けない場所なので6時半起きが大事になります。
集中力も持続せず勉強出来ない自分が嫌いです。


「もっと気楽に受けたら良いのに。」とアドバイスをくれるのですが、
・父は元ハーバード研究員の医者(超エリート)
・父方は医療系一族
・母は努力型秀才の薬剤師(私大トップ)
・母方は田舎の町一番のお金持ち
・父は幼い頃亡くなって、「子供を医者にするのが使命」と言う母。
こんな恵まれた環境に産まれた私と弟。
先日、弟が最難関高校に合格しました。
一方姉の私は滑り止めしか受かってません笑
医学部は興味無かったので目指しませんでした。
センターは致命傷レベルの大コケ。なんで落ちたかわからない私立一般…。学力不足以外言い訳などないのですが。
高校も良い私立に通わせてもらい、小学生から塾も行っててこの有様。『あんたにいくら金かけたと思ってんの』とぼやいてる母の姿も見ましたが、片親でここまでしてくれているので結果出せない私に否があります。
エリート中のエリートからこんなゴミができることって、あるんですね。書いてて笑けてきちゃいました笑
バカでごめんなさい、生きてて本当にごめんなさい。ただの金食い虫でしかなかった。

この環境と現実の下で気楽になんて出来ません。
国立に受からないといけないのに。落ちるわけにはいかないのに………

そう考えると眠れなくなってしまいました。
この時期受験生がしんどいのは当たり前だし、こんな事で弱音吐かないで寝て勉強しろって言うのはわかります。でもどうしても眠れなくて。寝なきゃ行けないのはわかってても寝るのが怖い。
どうしたら眠れるようになるのでしょうか。昼夜逆転生活は前述のようにできそうにありません。

長文失礼しました。
この質問に回答する

この質問の回答

  • こんばんわ♪もう寝ましたー??
    寝ろって言われても寝られないものは寝られませんよ。それが神経というものです。お医者様のお父さんだったらきっとうまく言えるんだけどお医者様じゃないけどおばちゃんが代わりに
    言わせてもらうと自律神経が乱れちゃうのよね睡眠時間が短いと
    だからどんどん寝る時間ですよーの頭のアラームが勝手にスヌーズ機能してってずれてしまう。
    そして私なんて私なんてと自分を責めてしまい自分の中の承認欲求を壊していきまた脳がうまく指示を出せなくなり悪循環

    あなたはいまこんなかんじなんじゃないかなぁと思ってます。

    だからまず勉強をするために
    眠るために
    心と身体を健康にします。

    そのためになので娯楽ではないです。
    泣ける映画を借りてきて見ましょう。
    見て泣きましょう。目が腫れないように涙をふくときは冷やしながらふいてね
    優しい気持ちになって流す涙は不安なときに流す涙と成分が異なり自分を落ち着かせる効果があります


    そのあとYouTubeでこれを聞くと三分で寝る!とかそういう系の音楽を聴いて
    声に出してあーあとため息をついて目を閉じます

    スマホの明かりは刺激を与えて眠れなくなる効果があるから寝る前はあまり見ないように。YouTubeで音楽かけるときも一回サングラスかけるくらいの勢いで

    目を閉じたら映画の内容を最初から思い出すように考えて

    それを毎日のように繰り返して
    朝起きたらかならず日光を浴びること
    深呼吸や歩くことを意識すること
    お風呂には夜入り寝るときは電気は真っ暗に。

    こうやって自律神経を整えて
    自分を責める前にまず寝れる環境を整える、眠れる脳を作る

    それで心と身体を健康にしてから勉強やりたければやればいいしやりたくなければやらなきゃいいし
    お母様はあなたにお金をかけるのは
    あなたのことを愛しているから苦労させたくなくてお金をかけるの
    だから毎日幸せならそれだけでなによりの親孝行だし両親や親戚を恵まれてると言えるあなたはとても素敵な子。
    ご両親にとっても絶対自慢の優しい子ですよ。

    大丈夫(*^^*)
  • 誰しもがなりうる不安な時期ですから寝れないものは仕方がない、起きてる間に勉強をしたら充分なのです。といっても心理状態がギリギリになりそう思うのも難しいのでしょう、寝ていないから余計に。あなたは自分に大丈夫といってあげることが大切です。自分をこのままじゃダメだ、どーするんだと追い込ませて勉強しても脳の状態がものを覚えるのにベストな状態にならないからです。
    大丈夫じゃないと首をふらずに鏡の中の自分に嘘でもいいから親友だと思って大丈夫大丈夫と声をかけ続けると脳が騙されてベストな状態の脳を作りやすくなります。
    大丈夫です(*^^*)充分頑張っている。結果がすべてといいますが
    結果の期日を自分できめてはいけません。
    どんな状態でもなりたいものになるためにはなろうとしていなくてはいけませんから。
    応援沢山しています。あまえたことはいくらいってもだいじょうぶ。責める癖ばかりつけず褒める癖もつけましょう(*^^*)
  • 葵さん、こんにちは。

    もう20年以上も前ですが、自分の受験前のつらかった時期を思い出しました。しんどいですね。今は眠ることが一番気になっておられると思うので、まずはそちらから。

    ・ストレッチなどで体を動かす
    ・熱すぎないお風呂にゆっくりつかる(夜、布団に入る1時間半くらい前がベスト)
    ・夕方以降はカフェイン(コーヒー、紅茶など)を控える
    ・寝る部屋はなるべく暗くして、音や光を入れない
    ・布団に入ったら吐く息を長く(吸うのと吐くのを1:2くらいに)して、ゆっくり腹式呼吸をくり返す
    ・朝は、夜あまり眠れなかったときでも毎日同じ時間に明るくして布団から出る

    眠れなくても、目をつぶって布団に入っているだけで疲れは8割方回復できると言われています。寝なきゃ!と思わずに、眠れたらラッキーぐらいに思えるとよいですね。

    私も医療職ですが自分の子どもには好きな職業についてほしいです。地方で周りに医療職が多い家庭環境だと、子どもの頃からかなり偏った価値観を擦り込まれてしまっている場合が多いので他の選択肢が見えにくいかもしれませんが、医療職だからエリート、ということはまずありません。

    これからは、暗記の上手な秀才よりも好きなことを続けられる人、自分1人の力でなく他人に頼って人の輪を作っていける人の方が生きやすい時代になります。それは、葵さんのお母さんやお母さんと同じ年くらいの私、塾の先生には想像もつかない世界です。

    お母さんの気持ちも痛いほどわかるけれど、葵さんの人生は葵さんのもの。葵さんの幸せは葵さんが作っていくのです。今はそんなこと考えられないかもしれないけど、葵さん、どうか自分の好きなことを大事にしてくださいね。

    心から応援しています。