疲れます

中3の息子、期末テスト中です。
誰も息子が点数を取れるとは思いませんが
、全日制の高校に行きたいと言っているのに、テストすら受けずに行かないなんて…と、疲れてしまいました。

1年間不登校、3年生になってから、最初は教室、先月からは別室登校ながら毎日通っていました。スクールカウンセラーの先生、病院の心理の先生からもものすごく頑張ってますねと言われています。私も頑張っていると思っていました。

でも、今日全く起きようともしない息子に
がっかりです。今まで行ってたんだから、頑張っていたんだから…そこを誉めてあげてではなく、待ってるのに、息子の顔色を伺って、腫れ物をさわるように接することに疲れてしまう私のことを、そうだよね辛いよね…と言ってほしくなります。
また、精神的にきつくなってしまいました。たいしたことで…と言われて、しまうかもしれません。それでも、自分の努力ではなにもできないことって辛いです。
無理なく自分のペースの通信制の高校にしたいと言ってくれたら、軽くなるのかな…と思っています。
この質問に回答する

この質問の回答

  • こんにちは、りんごです。ぴこさん、その後息子さんいかがでしょうか。ぴこさんの気持ちが痛いほど分かります。私にも不登校の中3の息子がいて、1ヶ月前に学校へ行くと言った時は飛び上がるぐらい嬉しくて、でもわずか足を運べたのは3日だけでした。その後ある日からまた自室に引きこもってしまいました。これまでどれだけ寄り添って気遣ってきたか。何だか本当に疲れてしまいました。元に戻っただけとはいえ、期待しちゃった分、ダメージが大きいです。いつまでこんな生活が続くのかな、先が見えないし、自分の努力ではどうにもならないから辛いですね。ぴこさんの息子さんはまだ高校進学に前向きな気持ちを持っているからいいですよ。うちはもはや進学にも後ろ向きなので頭が痛いです。まだましと思って元気を出していただけたらと書かせていただきました。
  • ぴこさん、こんにちは!
    お疲れさまですm(_ _)m
    その後、息子さんの様子はいかがですか?
    うちの今23歳入学なり京都でカメラマン兼グラフィックデザイナーの仕事に就いている長女は起立性調節障害などで苦しみ中学生の時は不登校寸前までいきました。今、19歳の次女は今春コロナ禍の中通信制高校を卒業し夢を叶えるため動物看護福祉専門学校に入学しました。次女は中1の時に部活動でいじめに遭い、校舎の階段から突き落とされ意識不明と心肺停止て緊急搬送され8日間集中治療室で生死を彷徨いました。幸い一命を取り留めることはできましたが高次機能障害で左半身のまひと硬直の身体障害、心身的ダメージによる心身症が残っています。杖をつけば自力歩行できるまでに回復してはいますが気圧の変化や気温の変化などで立つことすら痛みで顔を歪めてしまうほどの関節の痛みと戦わなければならず車いすを使うこともあります

    見守るのは体力も気力も必要です。息子さん、自分で必死に出口を探しています、もがいています。何もしていないように見えるかも知れませんが苦しみながら一生懸命トンネルの出口を探しています。きっといつか出口を見つけて出られる日が来ると信じてあげてください。
    また辛くなった時、私たちに話してくださいね。
    お体にはくれぐれもお気をつけください。
    なみさん、いつもお返事ありがとうございます。
    息子は少し時間が経ち、落ち着いています。
    もがいてるんですよね。高校進学について考えてはいるようですが、勉強は全くしていません。別室登校ですが、全日制の高校を志望しています。矛盾しているようにしかみえませんが…
    色々なカウンセラーの先生から、無理させないようにと言われています。息子はたまったストレスはすべて私にぶつけるので、サンドバッグになっている気持ちです。仕方ないのだと思います。母親なので…。
    また、苦しくなったときに、聞いてください。ありがとうございました。