あれからの息子は...もうすぐ20歳に.....第三弾

まる二年ぶりにのぞいてみました。息子は大学進学後、すぐにコロナで入学式もなく学校に入ることも許されず、頑張って勉強して入った大学でとても楽しみにしていましたが、結局悪いのはコロナや社会のせいだと勉強のモチベーションが下がり留年してしまいました。
留年したら辞めさせるつもりでしたが、本人が心を入れ替えて頑張るというので、一度だけ留年を認めることにし、現在は単位も順調にとり、リモートメインで彼なりに頑張っています。

13歳ごろに発達障害のグレーがわかり、部屋はグチャグチャ簡単な計算などがすぐにできない、興味のある話にしか夢中にならない、同時進行で二つのことが進められない....など、生活面で色々問題はやはりありますが、好きなこと(英語)を見つけ、それ一本だけやらせるように考え方を変えてから、本当に生き生きと生活しております。

友達もたくさんいて楽しそうです。

当時はあのまま引きこもりやゲーム中毒になるんじゃないか...とか色々心配しましたが
彼のペースで少しづつ成長しています。

今19歳です。もうすぐ20歳。親としての義務ももうそろそろ終わり。
長かったけど短かった!

今悩んでおられる皆様、悲観せずに子供の成長をゆっくり待ちながら信じてあげて欲しいです。
この質問に回答する

この質問の回答

  • meroさん、息子さんの近況のせていただいてありがとうございます。

    meroさんの息子さんの大学はリモート率高かったんですね。息子さん、大学生活楽しみにされてたでしょうに、本当になんと言って良いか。。うちの長男の通う大学は7割型開講してくれたので、それなりにエンジョイしています。

    息子さん留年しても続けたいと意欲があってすごいです。応援しています。とはいえ、またまたオミクロン?とか騒がれだしていますが(--;)次男も高校で留学するかどうか、でしたがコロナで中止、修学旅行もどうなるかってところです。

    学生生活は限りありますし、早く終息してほしいと切に願います。

    meroさん、私たちも頑張りましたよね。本当に苦しくて、自分だけ抜けられないような気もしたり。過去形が嘘の様ですが、今苦しんでおられる方に、大丈夫って強く伝えたいです。